ニキビを治すのに適した化粧水を選んでニキビのない肌を

ニキビを治すのに適した化粧水を選んでニキビのない肌を

化粧水は美容液や乳液に比べると脇役的に思われていますが、洗顔後に最初につける化粧品で大切な役割があります。

 

ニキビを治すのに適した化粧水を選んでニキビのない肌を目指しましょう。

 

保湿が大切

 

ニキビ肌はさっぱりや皮脂を抑える化粧水を選ぶ傾向がありますが、さっぱり系の化粧水を使用し続けているとニキビを悪化させる可能性があります。

 

さっぱり系の化粧水はアルコールを大量に使用していることがあり、アルコールの刺激で肌を乾燥させてしまいます。乾燥すると肌を守るために角質が厚くなったり皮脂分泌が活発になり、毛穴に皮脂がたまりやすくなってニキビが悪化します。

 

保湿をすることで肌のバリア機能が回復し、厚くなっていた角質が薄くなってきたり、過剰な皮脂分泌が治まり、ニキビが治りやすくできにくい状態に近づきます。水溶性の保湿成分にはヒアルロン酸、コラーゲン、アミノ酸などがあります。

 

オイルフリー

 

ニキビの原因のアクネ菌はオイルが大好物です。

 

オイルは配合の化粧水を使用すると、化粧水のオイルをエサにしてアクネ菌が繁殖します。保湿系の化粧水はしっとり感を出すためにオイルを配合していることがあるので気をつけましょう。

 

植物系の化粧水は肌に優しそうですが、植物系の化粧水はオレイン酸を配合していることがよくあるので注意が必要です。植物だから肌に優しいとは限らないのです。

 

大人向け

 

10代のニキビと大人のニキビは原因が違います。10代のニキビはホルモンバランスの崩れによる過剰な皮脂分泌が原因なので、洗顔で皮脂を取り除き、殺菌作用がある化粧水でケアをします。サリチル酸のような殺菌作用が高い成分を配合していることが少なくありません。

 

大人ニキビは乾燥が原因なので10代のニキビ用化粧水では乾燥がひどくなります。サリチル酸は大人ニキビには刺激が強く、肌の力が低下してニキビができやすくなる可能性もあります。大人ニキビには10代のケアとは違い、大人の肌にあった化粧水を使用することが大切です。