お肌の黒ずみを落とすためにやっていいこと、悪いこと

お肌の黒ずみを落とすためにやっていいこと、悪いこと

お肌の黒ずみ、気になりますよね。
どんなにほかの部分に気を使っていてもお肌が黒ずんでいてはすべては台無しになってしまします。

 

中でも男性女性問わず、多くに肩書きになっているのが小鼻の黒ずみではないでしょうか。
その小鼻の黒ずみのためにやっていいことと、やってはダメなことを挙げていきたいと思います。

 

鼻

 

まずやってはダメなこと

 

小鼻の黒ずみといえば、有名なのは毛穴のパックではないでしょうか。
水で濡らして、鼻に貼り付けてはがすパックです。

 

これ、やったことある方はよくお分かりだと思いますが、すごく気持ちいいですよね。

 

終わったあとのシートをみると抜けた角質がびっしり。
鼻も触ってみるとツルツルで一見すごく綺麗になたような気がします。

 

でもこれ絶対にやってはダメな事なんです!

 

パックをすることで一見綺麗にはなっていますが、実は肌へのダメージが大きく黒ずみはどんどんひどくなっていきます。
パックで抜けた角質のあとの毛穴は開いてしまっています。

 

無理やり広げたため、そこにまた汚れがたまり、どんどん黒ずみが目立つようになる悪循環なのです。
気になるからとって指で押し出すことも言語道断!絶対にやってはダメです!

 

ではどうすればいいのでしょうか。

 

まずクレンジングをクリーム状のものに変えてみましょう。

 

オイルクレンジングはお肌の負担になり、より黒ずみを増やす原因の一つになります。
クレンジングをしたら、小鼻のケアをしていきましょう。

 

まず蒸しタオルで小鼻を温めます。

 

毛穴を広げる感じで、じっくりと温めていきましょう。

 

次にマッサージオイル(クレンジングオイルではありません)で優しく円を書くようにマッサージをしてください。

 

無理に押し出したりはせず、優しくくるくると角質が出てくるようにマッサージをします。
終わったらぬるま湯で洗い流し、濡らしたコットンで優しく拭き取ります。

 

そのあとよく泡立てた洗顔フォームで洗い流し(ゴシゴシこすってはいけません)
最後は冷水で肌を引き締めるように洗い流してください。

 

今までパックに頼っていた方にはなんとなく物足りなく感じるかもしれません。
でもこれを続ければ確実に小鼻はキレイになるでしょう。

 

パックは一時しのぎでその時は綺麗になりますが長い目で見たらダメージしかないのです。

 

一度だまされたと思い試してみてください。