大人ニキビの原因は肌のバリア機能低下にある。

大人ニキビの原因は肌のバリア機能低下にある。

大人ニキビの一番の原因は、肌のバリア機能の低下にあります。では、なぜバリア機能が低下するのでしょう。

 

顔

 

肌を乾燥させない

 

バリア機能が低下する原因は肌の乾燥です。ニキビには洗顔が大事とばかりに一日に何度も洗っていると、必要な皮脂まで取り除いてしまいます。乾燥した肌は肌表面を保護するために皮脂を分泌しますので、毛穴が詰まりがちになりニキビができやすいといった悪循環になってしまいます。

 

洗顔は大事ですが洗顔料を使っての洗顔は一日一回で充分です。よく洗顔料を泡立て、決して強くこすらないようにして優しく洗います。しっかりすすいで水分を拭き取ったら、化粧水で保湿します。化粧水をつけるときも、肌の負担や刺激になるようなコットンを使ったり、強くパッティングするようなつけ方は止めましょう。

 

ストレスはためないように

 

強いストレスを感じると男性ホルモンが分泌されます。男性ホルモンは皮脂の分泌を促す働きがあり、また、肌を固くする性質も持っています。皮脂が多くなって毛穴が詰まりやすくなることで、ニキビができることになります。ストレスを感じずに日常生活を送ることは難しいですが、うまく解消できるように趣味などで工夫してください。

 

睡眠不足にならないように

 

睡眠中には成長ホルモンというものが分泌されます。このホルモンはダメージを受けた肌を修復してくれる働きがあります。睡眠不足はお肌の敵、というのはこういう理由からです。できれば日付が変わる前にはベッドに入るようにしましょう。成長ホルモンは深い眠りについているときに分泌されます。深く眠るために、就寝の一時間前にはパソコンやスマホ、テレビなどを見ないようにしましょう。

 

適度な運動を運動不足では新陳代謝が悪くなり、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。激しすぎる運動は逆にストレスにもなりますので、適度な運動をすることが大事です。

 

食事にも気を付けて

 

脂っこいもの、ファストフード、加工食品ばかり口にしないで、バランスのとれた食事をするようにしましょう。ビタミンA,B群、C、Eはニキビに効果的ですので、意識して摂るようにしてください。